31章:透過傾斜平面板の3次元光線追跡計算式

  1. 透過傾斜平面板の3次元光線追跡計算式
     図31-1の透過傾斜平面板の3次元の幾何学条件において、パラメータは下記のとおりです。
  2. 入力パラメータ
     球面レンズと同じです。

  3. 光学条件パラメータ
    R1:無限大を設定
    D0:透過傾斜平面板の光軸方向距離
    Ox1:透過傾斜平面板X方向傾斜TAN(θ)
    Oy1:透過傾斜平面板Y方向傾斜TAN(θ)

  4. 出力パラメータ
     球面レンズと同じです。


  5. 線と球面の関係式
      「球面レンズの3次元光線追跡式」と同じになります。
     

  6. 平面の方程式
    平面の方程式の方程式から

     の関係式が成立します。 
     (29.1) (29.2) (31.1)式より、光線とレンズ面の交点(X1,Y1,Z1)を求めることができます。 
  7. レンズ面での屈折の関係式
     図31-1 に示す法線方向ベクトルでHz=1とした場合の絶対値(Hr)は下記式となります。

     従って、各成分別の法線ベクトルの値は

     以降の計算式は「球面レンズの3次元光線追跡式」と同じになります。
     (29.7) ~ (29.29)式は同じ。
    注)ACOS(1.0以上)の計算時にエラーとなるため、実際の計算では修正がくわえてあります。


  8. 実際の計算式
     実際の計算式はベクトルの式を展開して計算する必要があります。
     実際の計算式はC言語で記載しています。
     下記(光線追跡メインソース.txt)をクリックして、サブル-チン(透過傾斜平面 )を参照してください。


    光線追跡メインソース.txt
     を参照願います。




32章:市販レンズでの等倍光学系の設計に行く。

トップページに戻る。