28章:コンパレータ回路

    作成2014.02.06
     コンパレータ回路路の検討をします。

  1. 正入力コンパレータ回路
    (1)評価回路
     正入力コンパレータ回路を図28-1に示します。

     
    (2)正入力コンパレータ回路の出力電圧
     図28-1の出力電圧は

    となります。


  2. 負入力コンパレータ回路
    (1)評価回路
     負入力コンパレータ回路を図28-2に示します。

     
    (2)負入力コンパレータ回路の出力電圧
     図28-2の出力電圧は

    となります。


  3. 正入力コンパレータ回路の出力波形評価
     正弦波を入力時の正入力コンパレータ回路を簡易オシロで観察した結果を図28-3に示します。

    図28-3において以下のようになりました。
    (1)入力V1(正弦波)電圧=1.99V
    (2)入力V2(閾値)電圧=1.33V(計算値=6*10/(33+10)=1.36V)
    (3))出力Vo(方形波)電圧=4.87V


  4. 負入力コンパレータ回路の出力波形評価
     正弦波を入力時の正入力コンパレータ回路を簡易オシロで観察した結果を図28-4に示します。

    図28-4において以下のようになりました。
    (1)入力V1(正弦波)電圧=1.99V
    (2)入力V2(閾値)電圧=1.27V(計算値=6*10/(33+10)=1.36V)
    (3))出力Vo(方形波)電圧=4.88V


  5. 結果の検討
    (1)入力V2(閾値電圧)は簡易オシロの負荷の影響が大きく、測定できませんでした。
    (2)入力V2(閾値電圧)は測定後計算処理で求めました。
    (3)簡易オシロの測定可能電圧は0〜5Vでマイナス側を測定できません。簡易オシロの入力は抵抗分圧で電圧を調整しました。
    (4)簡易オシロは出力波形のグランド基準で測定できません。オフセットを与えて測定するため、オフセット誤差が発生します。
    (5)オフセット誤差は測定後補正しました。









29章:ヒシテリスコンパレータ回路に行く。

トップページに戻る。